【キャンプギア】純銅製焼肉プレート(銀メッキ仕様)【肉】

アウトドア
スポンサーリンク

 節約せねば、と言いつつも物欲にさいなまれる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。ところで、銅製品っていいですよね。特に高い熱伝導率と抗菌性という特徴により、銅製の鍋やフライパンは昔から高級品です。そんなわけで今回買ったアイテムがこちら。

Makuake|ただ焼くだけで旨い「純銅製焼肉プレート」が燕三条とコラボしてプレミアムに進化。|マクアケ
Makuakeで2021年5月から2ヶ月間実施したプロジェクトで、2754%を達成した「純銅製焼肉プレート」が高品質の銀めっきを施して、プレミアムな焼肉プレートに進化しました。新潟県燕市のめっき加工会社(株)高秋化学(※)とのコラボで誕生しました。 ※某有名ホテルの食器などのめっき加工を行っています。金・銀の装飾めっ...

桂記章様製造の「純銅製焼肉プレート銀めっき仕様」。セット内容はこんな感じ。

セット内容
セット内容

ちなみに一番下のリフターはステンレス製。写真じゃ分からないな・・・。ちなみに裏はこんな感じ。

裏面
裏面

私が頼んだのは表面だけ銀メッキ仕様。マクアケのページで確認するとこれ頼んだの5人だけっぽいですね。レアものだぜ!

この銅板、使う前に油慣らしが必要とのことで早速やってみました。

油って熱したら体積増えるんですねぇ・・・(こぼれる寸前だった)。油慣らしと言ってもシーズニングのように何度も焼く必要な無いみたいで、説明書によれば油の表面がゆらゆらする程度の温度で5分ほど煮立たせればいいとのこと。で油をふき取るとこんな感じ。

うん、わからん。特に見た目に変化は起きないようです。めっきされてないと銅の色が変わるらしいのですが、銀メッキだと分かりませんね。

油慣らしが終わったら早速肉焼くぞ肉!

というわけで鶏ももです。牛肉は高いね・・・。加熱時間は10分くらい。蓋替わりにアルミ箔をかぶせて焼きました。なお、鶏ももの準備についてはコチラ参照。

2晩かかるのがネックですが美味しくなります。おススメ。

とりもも

美味い!のは美味いんですが、鋳物の焼き肉プレートで焼いた時との差は?と聞かれると・・・うーん・・・。高い肉買ったら分かるかな?

使った後のお手入れとしては、食器用洗剤を使わずに洗うのが基本とのことですが、今回は洗剤を使って洗ってみました。で洗うとこんな感じ。

結構変色するな、というのが正直なところ。定期的に重曹を使って汚れを落としたほうがいいかなぁ?右の写真はナイフが当たった部分を拡大したもの。多少ガチャガチャしたところで問題なさそうです。

実に鉄の4倍の熱伝導率を誇る銅製の焼き肉プレート、使いこなすにはまだまだ修行が足りないようです。キャンプに限らずバリバリ使っていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました