【漫画】プラネットウィズ4巻【感想】

マンガ・小説
スポンサーリンク

王道ロボット物っていいですよね!というわけでプラネットウィズ4巻の感想です
あらすじをざっくり言うと竜との闘いおわり。しかしグランドパラディンはまだ残ってる!という感じ。

 4巻はアニメ版の 6話~7話分くらいですね。見どころとしては宗谷VS竜の戦いはもちろんですが、竜の相手を宗谷達に押し付ける閣下(cv若本)とか学生のコスプレをして宗谷に接触する白石とか銀子と先生の過去も見逃せないところです。

 まぁ基本的にアニメ版と同じ展開ですのでわざわざ漫画本買わなくていいじゃんという話もあるわけですが、そこはまぁ、ほら、たまにアレンジもあるし・・・(弱気)。

 アニメ版はすでに放映済みのためこれからの展開も話の結末もわかってはいるのですが、それでも買っちゃうのがファンというもの。水上悟志の漫画が好きだからね!しょうがないね!

 泣いても笑ってもおそらくあと2~3冊程度で完結するであろうコミック版。とりあえずアニメ版を見て面白かったら買えばいいんじゃないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました