【漫画】ふらいんぐうぃっち9巻【感想】

マンガ・小説
スポンサーリンク

読むと青森に行きたくなる漫画、ふらいんぐうぃっち9巻が6月9日に発売されました!というわけで早速感想です。ふらいんぐうぃっちって何さ?って方はこちらのページをどうぞ。

 9巻は49話~54話を収録。今回はねぷた祭に海水浴、岡田さん再登場、という感じでしょうか。あと圭君がハーレム主人公化しつつありますね。登場キャラの都合上しょうがないとはいえ・・・うらやまけしからん。まぁ、同級生の水着姿を「めちゃくちゃイイ!」(迫真)と褒めれる圭君はすごいなぁと思います(こなみ)。

 50話の舞台はねぷた祭の会場なんですが・・・青森旅行に行きたい気持ちがマッハでやばい。後輩から褒められて顔が崩れる鹿角先輩もナイスですが、ねぷた祭の書き込みが素晴らしいです。作者も大好きなんだろうなぁ。作中でいろんなギミックがある山車が登場しますがどこまで本当なんでしょうか?教えて地元の人。

 また、真琴達が訪れていた未来亭というカフェは実在するんでしょうか?ちょっと調べるとねぷた祭会場の周辺は結構カフェがあるみたい。もしかしたらモデルになった店があるのかもしれません。

 当方、九州住まいのため青森どころか東北地方への旅行も一苦労ですが、コロナが落ち着いたら絶対聖地巡礼しよう、そう思える漫画はなかなかないですねw

そんなわけでふらいんぐうぃっち9巻、ステイホームしつつ青森旅行の気分を味わえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました